ドラゴンクエスト11攻略Wikiはこちら!
ドラゴンクエスト8(3DS版)攻略Wikiはこちら!

テンション

TOP

概説

キャラクターの「テンション」を「上げる」事で、次回に行動する際に、大きなダメージを与えたり、ホイミ系の効果が増大したりする。一回そのような事をすると、テンションは初期状態に戻る。

段階「○○上がった」ダメージ倍率 (概数)
初期状態x 1
15x 1.5
220x 2.5
350x 4
4100x 6

ダメージ等は実際には倍率ではない。計算式の詳細は、ダメージについて参照。

  • テンションはたとえば特技「おうえん」で上げる事ができる。詳しくは後述。
  • テンションがたとえば初期状態から1段階上がると、「○○のテンションが5上がった」と表示される。
  • 一方テンションが下がった時のメッセージは誤解しやすく、注意が必要。たとえば3段目から下がった時は、「50下がった」と表示される。
    • 50「に」下がった、ではない。上がる時も、50「に」上がった、ではない。
    • つまり開発者の意図としては、「3段目はテンション50」なのではなく、「2段目と3段目の間は、テンション差が50」である。
  • テンションが最高の状態「スーパーハイテンション」(SHT) は特別であり、受けるダメージが半減等の効果がある。後述

テンション上昇法

名称上昇幅修得対象備考
「おうえん」+1主人公専用特技味方1人 (自分は不可)最終段階のみ、必ず上がるとは限らない
ためるきあい本人
一喝武闘家 (必殺技)
ダンスフィーバースーパースター (必殺技)
テンションバーンとうこん本人有効な間はダメージを受ける度に1段階ずつアップ。
最初の一回は必ずテンションが上がるが、それ以降はランダム。上の段階に行く程、確率は下がる。
テンションブースト+50 / SHTバトルマスター (必殺技)本人+50 か SHT かはランダム
+50の時に使えば、SHTになる
テンションマスター武闘家バトルマスター (超必殺技)味方全員

テンションを1段階下降させる状況・行動

  • 特技「ロストアタック」「なだめる」の使用
  • 扇「風林火山」やオノ「グレートアックス」及びその派生武器を装備して物理攻撃を行った時の追加効果

テンション効果が切れる状況・行動

  • ダメージを与える行動をする
  • 回復呪文、または特技のしゅくふくの杖・ハッスルダンスを使用する
    • 数値がテンションで増強されないベホマ・ベホマズン・めいそうの場合は維持される。
  • いてつくはどうを受ける
  • 休み、眠り、マヒ、死亡状態になる
    • 特技ボケも成功すれば休みになるので、テンションは切れる。
    • スーパーハイテンションの時は、ステータス異常にはそもそもならない事に注意。

テンションを維持できる行動

  • 防御
  • アイテム(やくそうなど)の使用
  • ダメージを与えない行動全般
  • めいそう・HPパサー・MPパサーの使用
  • カウンター系の特技(やいばのぼうぎょ、うけながしのかまえ、天地のかまえ、オートカウンター)の使用・発動
    • テンションが切れない代わりにダメージも変化しない。
  • ベホマ・ベホマズンの使用
  • 必殺技の使用
  • (敵のみ) 痛恨の一撃でテンションは下がらず、ダメージも増えない。

スーパーハイテンション (SHT)

テンションが最高の状態「スーパーハイテンション」(SHT)時は、以下の特典がある。

  • 受けるダメージが半減
  • あらゆるステータス異常が無効化される。
    • 怪しい瞳による強制睡眠や、斬り上げによる強制休みなどの耐性無視系の特技すらも無効化できる。
    • ザキ系も無効。
  • パラメータ低下攻撃(ヘナトス、ルカニ系、ボミエ系呪文など)は無効化できない。